6月の沖縄は天気が悪くてもシュノーケリングはできる?

5月のゴールデンウィーク後から梅雨入りといわれている沖縄。
梅雨明けは6月下旬頃といわれています。
ちなみに関東の梅雨明けは平均すると、7月上旬~中旬となり遅いときは8月上旬になることもあります。

沖縄は6月下旬頃から本格的な夏、ベストシーズンがやってきます。
日焼け止め紫外線対策をして海のレジャーを楽しみましょう。

沖縄の梅雨明けは6月下旬

6月になると沖縄は夏です。服装は夏の装いでいいでしょう。
この頃の沖縄の気温はこのようになっています。
6月の気温26℃~31℃、水温は25℃前後。7月の気温27℃~32℃、水温は29℃。8月の気温27℃~32℃、水温は29℃前後といわれています。

6月もあたたかく、気温だけを見ると夏という印象を受けます。
しかし、梅雨明けは6月下旬頃です。つまり6月の上旬中旬は、まだ曇りや雨が多いということです。
梅雨明けの6月下旬から沖縄を訪れるという方は、天候を十分に確認しましょう。

6月の沖縄は天気が悪くてもシュノーケリングはできる?

この時期6、7、8月におすすめしたいシュノーケリングスポットとして、青の洞窟があります。
6月の梅雨明け前、また8月になると日差しも強くなります。
このようなとき、洞窟でシュノーケリングを楽しむというのもいいでしょう。

また、青の洞窟は大変人気のあるスポットとしても有名です。
6月梅雨の間は比較的観光客も少ないので、青の洞窟など人気のスポットもゆったりと楽しむことができるでしょう。

6月の沖縄もねらい目?

7、8月はシーズンのピークです。
ダイビングシュノーケリングは人気のレジャー、どこも予約でいっぱいになり大変混み合います。
そのようなときは海のレジャーを少しはずし、この時期に行われている数々のイベントもおすすめしておきます。

シュノーケリングなど海のレジャーを楽しむ場合、目的に合わせて訪れる季節を選ぶといいでしょう。
また、人ごみや混雑を避けたいという方は、6月の沖縄もねらい目かもしれません。

関連する記事