9月の沖縄知っているのと知らないのでは大きな違い!?海に生息する猛毒生物に注意!

9月の沖縄はシルバーウィーク後がねらい目?
夏休みが過ぎると比較的ビーチも落ち着いてくる9月。
この頃の沖縄はまだまだ暑く海のレジャー、シュノーケリングなど楽しむことができます。

9月というと夏の余韻もあり「もう少し遊びたい」と思われる方も少なくないのではないでしょうか。
9月はシルバーウィークという連休もあります。
遊び足りないという方は、このシルバーウィーク前後を狙ってみるのもいいかもしれません。

夏の沖縄で一番はじめに思い浮かぶものは?

夏の沖縄というと一番はじめに浮かぶのは、やはり“海”かと思います。
しかし、夏の沖縄で忘れては行けないことがもう一つあります。
それは、“台風”です。

8、9月は大型台風が発生しやすく、沖縄に接近する数も増えてきます。
中には9月も?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。
確かに8月と比較をすると、9月の方が若干台風の発生率は少ないようですが、これは8月とほぼ変わらないといっていいでしょう。

9月のシルバーウィーク前後はねらい目ではあるのですが、9月も台風というリスクがあることも覚えておいてください。

この季節の装いは?

この季節の沖縄の気候はこのようになっています。
9月の気温26℃~31℃、水温29℃前後。10月の気温26℃~30℃、水温28℃前後といわれています。
この頃になると日中はまだ暑い日が続きますが、朝晩は快適に過ごすことができるでしょう。

夏場沖縄の海は猛毒に注意!?

「ハブクラゲ」をご存知ですか?
夏場の沖縄に出現するハブクラゲ。かさの部分が半透明のため水中では非常に見つけにくいといわれ、刺されてから気が付くという方がほとんどのようです。
このハブクラゲの触手には刺胞と呼ばれる毒針がたくさんあり、刺激を受けるとこの毒針が飛び出します。

この毒は非常に強い猛毒といわれ、過去にはハブクラゲの毒により3件の死亡も報告されています。
沖縄のビーチに行ったことのある方でしたら見たことがあるのではないでしょうか。
この時期には「ハブクラゲ防止ネット」というものが設置されています。

このネットが設置されているビーチでは、必ずこのネット内で泳ぐようにしましょう。

知っているのと知らないのでは大きな違い

まだまだ遊び足りない9月ですが、シーズンが過ぎても注意をしなくてはいけないこともあります。
台風なら建物の中にいれば安全かもしれません。
しかし、ハブクラゲの場合は命に係わることにもなります。

落ち着いてきたビーチで遊ぶ際にはこのようなことにも注意をしましょう。
また、見慣れない生物には決して触らないことです。

関連する記事