5月の沖縄ゴールデンウィーク後は注意が必要!?

年間を通して最も過ごしやすいといわれているのが、4月の沖縄。
例年では、3月下旬から4月上旬が本格的な海開きになっているようです。
また、5月ゴールデンウィーク後、沖縄は梅雨に入ります。

この時期に沖縄旅行を計画でしたら、天候をしっかりと調べてから計画を立てましょう。
現地に着いて急に天候が変わった。ということもあります。
天候に左右されないようなプランも用意しておくと、安心かもしれませんね。

ビーチでゆったりと過ごせる季節

確かに4、5月の沖縄はあたたかいです。
しかし、海に入るとなると、水着だけではまだ寒いようです。
海に入る際はウェットスーツを着用するといいでしょう。

4月の沖縄の気温は、21℃~26℃。水温は23℃前後といわれています。
5月になると気温は23℃~28℃くらいになり、水温は25℃程度といわれています。
この頃になると初夏を思わせるような気候になってきますね。

この頃になるとビーチで過ごす地元の方達も増えてくるようです。
海開きはしていますが海水浴シーズンではないため、海に入る方は少ないようです。
このことから、この季節は比較的ゆったりとシュノーケリングなどを楽しむことができるでしょう。

人が少ない海だからこそ注意が必要です。

人が少ない海だからこそ注意が必要です。
この頃の沖縄の海はタイミングさえあえば、貸し切りに近い状態になることもあります。
そのような状況につい嬉しくなり沖の方に出て、予期せぬ事故にあってしまう。

人は少なく快適な海ではありますが、シュノーケリングなどでの水難事故も多数報告されています。
海のレジャーにあまり慣れていない方は、ガイドの付いたツアーなどを利用するといいでしょう。
季節ごとに気候が変化しやすかったり、海の状態が変わったりします。専門家の注意もしっかりと聞いておきましょう。

5月の沖縄ゴールデンウィーク後は注意が必要!?

5月は一点だけ注意をしていただきたいことがあります。
それは、沖縄はゴールデンウィークを過ぎると梅雨になります。
ゴールデンウィーク終わってすぐということでもありませんが、例年ではこの頃梅雨入りといわれています。

また、その逆を考えるとゴールデンウィーク後、梅雨入り前は穴場といえるでしょう。
この時期に沖縄に行かれる場合、十分天候や海の状態に注意が必要です。

関連する記事