実は3月の沖縄は穴場!?そのわけとは?

沖縄の海開きがいつかご存知ですか?
沖縄の海開きは3月中旬~下旬頃といわれています。
この頃から海のレジャーを楽しむ方も増えてくるようです。

しかし、3月といっても紫外線の強い沖縄です。
日焼け止めや帽子サングラスなどの対策が必要になってきます。
あたたかいといっても3月です。朝晩はまだ冷え込むこともあるので、羽織るものが1枚あるといいでしょう。

実は3月の沖縄は穴場!?そのわけとは?

3月の沖縄は穴場ともいわれています。
特に上旬です。この頃は春休み前ということもあり、比較的料金も安くリーズナブルに旅行に行けるからです。
3月の後半からは料金も上がってくるようなので、この季節に沖縄旅行を計画しているのであれば、上旬がおすすめです。

シュノーケリングは3月もおすすめ

3月になると比較的日中はあたたかくなり、Tシャツ1枚で過ごせる日もあるようです。
朝晩はまだ冷え込むこともあるので、上着は1枚持っておくといいかもしれません。
3月の気温は16℃~21℃といわれ、水温は21℃前後。

また、この頃の沖縄は夏に比べ水温が低いです。
水温が低いとプランクトンが少ないため海の透明度が増し、夏よりも海が綺麗に見えるでしょう。

沖縄でクジラに会える

1~3月にかけザトウクジラが出産のため、あたたかい沖縄の海にやってきます。
運がよければクジラと会うこともできるかもしれません。
ただ3月は天候が変わりやすいともいわれています。

訪れる際は天候に注意をしましょう。
もし現地について急に天候が悪くなってしまった場合は、「青の洞窟」をおすすめします。
青の洞窟、テレビなどで一度は聞いたことのある方もいらっしゃるかもしれませんね。

ここは文字通り洞窟内ですので、雨などの影響を受けることは少ないでしょう。
また、この青の洞窟は天気が悪いと、普段よりより濃い青色になるといわれています。
とても神秘的な場所ですので、是非一度あの空間を体験してみてください。

天気が変わりやすいときはもう一つのプランを

この頃の沖縄は天候が変わりやすいです。
一ヶ月の天気予報などを見てから、予約をして現地に。
行ってみたら天気は変わってしまった。ということはよくあります。

せっかくの旅行です。
万が一にそなえて、青の洞窟など天候に左右されないプランを用意しておくといいのかもしれません。

関連する記事